Caprice

タイヨウも羨むほど眩しい明日を画く君と明日も明後日もその先も。

翔太くんに二度出会った話(後編)

 前編はこちら↓

shot0a0loveasami.hatenablog.jp

 

 

それがそう、蒼井さんだった。

 

あれ、どこかで見たことあるような……会ったことあるっけ…(※ない)。それで急いでCD探して、PC開いて調べて、蒼井翔太さんだと知りました。(後々見たら同じ雑誌内で連載しててそこでSHOWTA.の話もしてました。ただのバカ←)

 

なんでそう思ったのかはよく分からないけど、嬉しくなった。あっ、あのひと今は声優として頑張ってるんだ、人気な作品に出てるみたいでよかったな、私も頑張らなきゃなって。Twitterがあったのでフォローして、見守っていました。この頃はまだ沼ではない。(断言)

 

それでまぁ、高校に進学して1ヶ月たったころ、周りの空気についていけなくて。まぁそこら辺は長くなるので今回は適当に流したいのですけど、物凄く恐ろしく落ち込んでたので何となく心の穴を埋めたくて、ちょうどTwitterのTLに流れてきたこともあり、買う予定は特に無かった「SHOWTAIMES(蒼井翔太1stパーソナルブック)」をポチッとしました。コンビニの中でスマホいじって注文して、そのまま支払いして。

 

 

 

 

数日後届いたそれを読みました。すごく真剣に読んだ。私は蒼井さんのことをほとんどなんにも知らないで買ったので、出来れば電車乗ってひとりでどっか行って甘いもの食べて綺麗な空気吸って何もかも忘れたかったけどそれは出来ないからとりあえずなんか、って気持ちで買って。けれどずっと気になっていたことがあったし、それなりの覚悟で読み進めました。本の前半は、可愛らしい写真が中心。羨むのを諦めるくらい可愛らしい。インタビューもさぞ可愛らしいのだろうと、軽い気持ちで読みはじめて、とても衝撃を受けた。大まかに言うと、彼はそれまでも続けていればそれなりの結果が出せるフィールドにいた(と、私は思う)けれど、それを捨ててでも自分の夢を叶えにきていた。本人はよくそれを「我儘」と口にしていたけど、我儘をいうのって、本当に勇気と覚悟のいることだとおもうし、強い意志を持ってないとできない事だとおもう。当時の私には、到底できそうもなかった。自分の道を突き進む蒼井さんが、凄く輝いて見えた。この人みたいになりたい。 

 

これが、私が蒼井さんを好きになったきっかけでした。その日のうちに夜な夜な調べて調べて、好きって堂々と言えるくらいに知らなきゃと思ってひたすら調べて、CDを買い集めて、そんなこんなで気付いたら今に至りました(笑)。

 

元はコンプレックスであった声を武器に、自分の道を突き進み、今では数え切れない程の人々を笑顔にさせる、蒼井さんが大好き。みんなの笑顔を受けてキラキラと笑う蒼井さんが大好き。その笑顔が見られることが一番嬉しい。そんなことを、代々木のステージを見ていてハッキリと実感しました。

 

もしあの小学生の頃に戻れたら、もっと早く興味を持って追っていたらって考えたこともあるのですが、私にとっては“今蒼井翔太さんとして出会えたからこそ、こうやって思うことが出来るのだと思います。(でも本音はちょっと後悔してる。笑)

 

パーソナルブックについてはあまり内容を書いてしまうといけないので省きましたが、お持ちでなくて気になった方は是非今からでも手に取ってみてください。今までの蒼井さんのことがよく分かります。私にとってはこの本が今でも心の支えですし、きっと皆さんにとっても手放せない1冊になると思います。 


本当はこのまま蒼井さんの魅力について語り尽くしたかったんですけど、ものすごく長くなってしまったのでここまで。

 

近いうちにまた書けたら書きます。

 

翔太くんに二度出会った話(前編)


先日、「蒼井翔太 LIVE 2017 WONDER lab. ~prism~」代々木公演に参加しました。

 

もう既に各公式でもレポートやセットリストが上がっていますので、詳しい内容については割愛。

 

蒼井翔太さん初の武道館公演から公式レポート&セトリ到着 | アニメイトタイムズ

 

言葉であらわせないくらい本当に素敵な空間で、終始目頭が熱くなりました。とくに後半曲の度に泣きそうになって、絶対泣かないぞと堪えて堪えて、でも結局アンコールでトロッコが自分の前を通り過ぎた後、少し泣いちゃいました。(2階北スタンドだったので、最初どこにいるのか気づかなくて気付いたら2階にいてびっくりして心臓とまりそうだった)

 

私にとって蒼井翔太さんはまさに運命的な再会で、だからMelodiaのDメロ聴くと毎回泣きそうになるんですけど、それは置いといて。今日は私の個人的な蒼井さんに対する思いを長々と書きたいと思っています。(バレンタインだし←?)

 

※長々と、とはいったものの、本当に長過ぎて書いてる本人が途中で読み直すのに飽きてしまったので(おい)前後編に分けてお送りします。

 

小学校何年だったかな?多分周りが嵐さんの話題で盛り上がり始めたころ。私もその1人でした。5人のわちゃわちゃした空気感が好きで、私にとってはどんな面白いお笑いよりも、彼らのやりとりが面白かったなぁ。その頃にSHOWTA.さんを知りました。

 

といっても自分から知ったのではなく、朝の番組で取り上げられているのを見た母が彼のカバーした「春なのに」が気になったらしくそのシングルと、どうせならほかの曲も聞いてみようと、今となってはレアな「EVE」を買ってきたのがきっかけ。(その番組で司会者さんが目をつけた歌手はヒットすることが多かったらしく、気になったのだとか)

 

 

SHOWTA. BEST<初回限定盤>

SHOWTA. BEST<初回限定盤>

 

EVE(初回限定盤)(DVD付)

EVE(初回限定盤)(DVD付)

春なのに

春なのに

  

小学校中学年だったかしら…とにかくその頃は、ポップで好きな曲もあったのだけど、どこか寂しげなものが多い彼の楽曲にあまり馴染めなかった。それでもとても耳に残っていて、卒業式の季節になると、あの春なのにを思い出す事がありました。

 

中3の頃、とある作品を友人に薦められて、その作品は原作とアニメは勿論だけど、その頃はとりあえずなんでも欲しくってアニメ雑誌なんかもたくさん買ってた。中学3年の3月30日深夜(またの名を31日早朝)、離任式も終えて明日から4月、嬉しさと寂しさと期待と不安を紛らわせるために、机に積んであったアニメ誌のなかから、1冊を取り出して開いて、そう言えば他の作品のことなんかあんまり読んだことなかったな、なんて、いつもは飛ばしているページをちゃんと読んでみたとき、ふと目に付いたのが、とある男性声優のインタビュー記事でした。

 

後半に続く。

17.01.12

12日。

12日に、不思議なご縁がある。

中でも今日、1月12日は私にとって誕生日(7月12日)に次いで特別な日だ。

 

大好きだった嵐のコンサートに初めて行ったのは、ちょうど4年前、2013年の1月12日。

 

それから2年後、15年の1月12日に、初めて蒼井翔太くんの現場に足を運んだのはよく覚えている。

 

さらに2年たった今日。時間の流れって早い。

 

そんな特別な日に、心機一転ブログ再始動。

結局は書きたいことを書きたいときに書くことに変わりはないのだけれど。笑

 

毎年この時期になるといろんなことを考えて、泣きそうになったりもするし、ライブグッズを引っ張り出してきて懐かしんだり、いろいろな感情があって。

 

でもこの話はすごく長くなってしまうので、また改めて書こうと思います。

 

 まだはてなのつかいかたがよくわかっていないので、ちゃんと使いこなせるようになりたい。